スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城、塩竈は今朝も氷点下です。

この寒さは、
まだまだ続きそうです。

2月に入って、
だんだん寒くなってきているようにも感じるくらいです。

そんな中、
仙台では、
梅のつぼみ出来てきているそうです。

確実に春は近づいています。

あと、1~2か月で桜の姿も見れる。
楽しみです。


桜と言えば、

塩竈には、
国の天然記念物となっている、
貴重な桜「塩竈櫻」があります。

所謂、
「八重桜」の一種なのですが、
その姿は豪快とも取れるし、
可憐とも言えます。

自前の写真が無いので載せられませんが、
検索すれば簡単に見ることが出来るので、
一度は目にしていただきたいところです。

この「塩竈櫻」は、
塩竈神社境内にしかありません。

しかも、
31本だけ。

一時期、
高齢木のため枯れてしまいましたが、
塩竈神社の庭師の執念と熟練の技で蘇ったのです。

この31本の塩竈櫻は、
5月の初旬に満開を迎え、
塩竈神社に来れば見ることが出来るのです。


塩竈櫻は、
お菓子にもなっています。

塩竈を代表する老舗菓子店である、
「丹六園」で謹製している、

しほがま

というお菓子。

この「しほがま」の姿も見事です。

私の所見では、
味を楽しむというより、
その起源や作り方を楽しむ、
または、
食べないで飾る感じのもののように思います。


塩竈神社の櫻、
そして、
丹六園の和菓子。

そこだけで、
塩竈の春を満喫できる。
私のお気に入りの場所です。


春は、
塩竈自慢のお寿司も、
一段と美味しい季節と言われます。

小島の笹かまぼこ・・・、
年中買えますが、
塩味きいたその味は、
お花見の日本酒にはベストマッチです。

もうすぐ、春。
春は塩竈の一番良い季節かもしれません。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

塩竈の丘陵に建つ世界的建造物

今日の塩竈は朝から雪です。

ここ最近は寒さも半端ではなく、
雪にも、
なんとなく慣れてきたような気がします。

そんな中で、
今日は一段と寒さを感じた。

今日は、
所要があり、

ある、

素敵な、
そして不思議な、
それでいて心落ち着く場所に行ってきました。

宮城・仙台の人たちには、
意外に知られていない、

世界的に有名な美術館。
というより、
その存在自体が、芸術作品。

「菅野美術館」
です。

この菅野美術館は、
塩竈の小高い丘陵地にひっそりと建っています。

そんなに巨大な建物ではないので、
本当にさりげなく、
ひっそりと、
丘の上から塩竈を一望している感じです。

住宅地の真ん中にあることから、
はじめて行く人は、
必ず迷います。(塩竈人は例外です)

阿部仁史先生という、
宮城県出身の、
世界的に有名な、
建築家が、デザイン設計した美術館。

世界各地の、
建築家を志す人たち、
また、
その筋の人たちにとっては、

日本に来たら、
必ず行くところなのだそうです。
(ある教授談)

ロダンやグレコなどの、
年代物の彫刻が展示してあります。

それも、

なんと、

8作品のみ・・・。

文章では表現できないのですが・・・、

なんというか、
外壁は鉄板(錆びた感じがオシャレ)
中は、
真っ白。

敷地の高低差を生かした空間、
そこに、
作品が道標のように並びます。

ん~、
真っ白、
静寂、

窓からは太平洋を一望です。

何時間でも居られる空間だと思いました。


展示物の写真はNGなので、
窓の外を撮ってきました。
雪景色と静けさが何とも心落ち着かせます。
塩竈の美術館


帰り際、
ちょうどお昼が過ぎた頃だったこともあり、

学芸員さんに、
窓の外の景色を指さし、
一言言われた言葉。

「あそこのスーパーのむかえにある回転寿司屋さん、おすすめですよ~(笑)」
塩竈限定のだそうです。ネタは全部塩竈産。
これは絶対美味しいに違いないのですが・・・、

あまりにも、
場所にマッチしない一言に少しウロタエながら、

やっぱり、
塩竈は港町なんだなと思い直しました

皆さんも、
是非一度行ってみては、
塩竈の「カテドラル」でした。










塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします

やっぱり神聖な場所なんだ

先日の休日、
少し時間があったので、

人の混雑を避けた時間を選び(夕刻)、
塩竈をぶらぶらしてみました。

人が少ない夕方だったので当然だが、
凄く静か。
落ち着いた雰囲気の塩竈を見たくて来たので、
満足というか、
少し、
贅沢な気持ちになれました。

45号線、塩竈の入り口、
マリンゲート付近も、
普段の活気は無く、
なぜか平日よりも休日のほうがオフタイムの雰囲気。


塩竈仮説商店街
塩竈仮説商店街


考えてみると・・・、

小島さんにお邪魔するのは、
いつも平日。
休日、
しかも夕方の塩竈は、
ほとんど訪れたことが無かったのです。

新鮮な気持ちになりました。


そして、
塩竈神社へ。


まずは、
志波彦神社の鳥居
志波彦神社鳥居


そして、
塩竈神社
塩竈神社鳥居


ついこの前までは、
初詣で大混雑していたのが信じられません。

本当に誰もいない。

神聖な感じがして、
得した気持ちになりました。


お馴染みの正門です。
塩竈神社正門

最高のアングル
いいですね。


この日はすでに閉館(残念)
塩竈神社博物館。
塩竈の水産の歴史にまつわる展示もあり、
個人的に好きです。
塩竈神社博物館
カメヤマローソクのベンチ、
昔のまんまです。
これも「お気に入り」。



最後に、
「鋳銭釜」
鋳銭釜

説明看板によれば・・・、

この鋳銭釜は、
1727年(享保13年)から明治維新あたりまで、
石巻で使われていたもの。

簡単に言いますと、
仙台藩の鋳銭事業により、
お金を作っていたのです。

この筒状の釜の中で、
純度100%の銅を溶かしていたそうです。

何段かのせいろ式になっていて、
結構複雑な作りでした。



お巫女さんが数名いただけ・・・、
人の少ない塩竈神社、
はじめての体験でとても新鮮な時間でした。

残念だったのは、
博物館と名物の茶店が閉まっていたこと。

つぎは、
活気のある時間帯に行ってみようと思います。










塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします

商売繁盛祈願

今日の塩竈は、

めっきり冷え込んでます。
午前中に降った雪が、
中途半端にとけて道路はツルツルです。

そんな冬本番の寒さの中、

昨日は、
宮城海保が厳冬の塩竈埠頭で、
「潜り初め」
を執り行いました。

水温4度。

大震災以来、
行方不明の方々の捜索にあたってきた、
精鋭の潜水士たちが、
さらなる鍛錬のために飛び込んだのです。

頭が下がる思いです。



さて、

本日は、
うちの会社も、
今年一年の商売繁盛を願いまして、

塩竈神社に詣でに行ってきました。

うちの会社では、
この塩竈神社へのお参りは、
毎年の恒例行事。

取締役だけで行う、
厳格な行事となっています。

ということで、
私はまだ行ったことがありません。

皆さんもご存じのとおり、
塩竈神社は各種のご祈祷で大変混雑します。
軽い言い方をすれば、
人気があります。

各企業の祈願もスケジュールびっしりなようです。

そういう事情から、
どんと祭の前までに初詣&ご祈祷を執り行うのは、
そう簡単ではないのです。

それでも、
仙台や塩竈の会社は、
「塩竈神社」
じゃなければダメなんですね。

とりあえずは、
うちの会社は今日、ご祈祷完了しました。

あとは、
全力で精進するのみ!
頑張ります。


個人的な初詣を、
まだやっていない私は、
この週末に行ってこようと計画しています。

神社内にある「茶店」に
寄ってみるのも一つの楽しみ。
そのあとの帰り道は、

丹六園さんによって、

マリンゲートによって、

そして、

忘れてはいけない、

小島さんの本店に寄ります。


仲卸市場も行きたい、
オリジナル海鮮丼が食べたい・・・、


多分、
これ全部は無理だと思いますが、
出来るだけ頑張ってみようと思います。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします

社の町

今年も、
残すところあと4日あまりとなってしまいました。

いや、
あと4日はある。

小島さんでは、
年の瀬のラストスパート、
真っ最中といったところです。

お店に来られるお客様、
ネットでご注文のお客様、

ともに、
途切れなくご用命いただいているようです。

ありがとうございます。


さて、
年の瀬とは言っても、

塩竈神社のある町「塩竈」は、
お正月まで、
その賑わい、活気が続きます。

違う言い方をすれば、
大晦日からが一番の活気が見られる街。

それが塩竈です。

ご存知の通り、

塩竈神社には、
全国の皆様が集まります。

そうなると、
下町の商店街にも人があふれるのです。

大晦日の塩竈は、
本当に人出が凄い。

仙台市民である私は、
やはり、
その人の多さに怖気づいてしまい、
つい、
足が遠のくほど。

前にも書きましたが、
塩竈には自慢できるものがたくさんあります。

お寿司。

笹かまぼこ。

お酒。

塩竈神社、
そして、
風情のある町(商店街)

これらを、
一番よく堪能できるのがこの、
年の瀬からお正月の期間だと思います。


一つ、
残念なのは、

震災の影響で、
商店街が歯抜けの状態になっていること。

並々ならぬご苦労の末に、
再起を果たされたお店も沢山ある一方、
まだ、立ち上がるところまで行けていない、
魅力あるお店も、
数多くあるのです。

それでも、

震災前には無く、
今、
輝きを見せている場所もあります。

それは、

塩竈仮説商店街
です。

観光桟橋のところにある、
そのスポットは、
年の瀬に関係なく、
オープン以来ずっと、
活気を醸し出し凄く良い雰囲気です。

鮮魚店から菓子店まで揃い、
なんでも買えます。

塩竈の「元気」を、
体感できる場所でもあります。

まだ、
行ったことのない方は、
一度、足をお運びください。

お店の、
お父ちゃん、お母ちゃんたちに、
きっと元気を分けてもらえるはずですよ。


年末に入り、
ますます活気に満ちる塩竈ですが、

小島さんでも、
ここからの約1週間が最も活気のある時期。
いよいよ!
といった感じです。

私も、
このお正月、
「魚と社の町」塩竈に行ってみようと思います。

社のほうを中心に町めぐり。

塩竈神社でお参りしてきます。

でも・・・、
混雑も予想。

意を決して行ってみようと思います。









塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします


プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。