スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共感

ほぼ毎日、
日課的にやっていることがあります。

ほぼ毎日と言っても、
そんなに大した作業ではありません。

小島さんのネットショップをお預かりしている手前、
やはり、
「どれくらい見てもらえているか?」
が必要情報になります。

「小島のささかま」

「お土産笹かまぼこ」
などと言った言葉で、
検索してみるのです。

ほとんど思いつきのキーワードですが・・・、



そしたら今日、
嬉しい記事を発見しました。

宮城県の震災復興推進課というところが、
運営しているブログ。

そこに、
小島さんのことが記事として載っていました。

全く知りませんでした。

専務も高橋さんも、
何にも言っていなかったなぁ。

そこには、
小島さんの復興に向けての、
現在の姿が、
書き記されているではありませんか。

私と同じ視線、
そして同じ思いで、
書かれていることを感じ、
共感。

何よりうれしいのは、
専務と高橋さんの事がのっていること。

小島の若大将高橋さんの写真あり

是非ご覧ください。
こちらにジャンプ

でも、
そのブログにも載っていた「笹かまの巨大オブジェ」
あれは、
もうないんだよな(多分盗まれたと思う)

少し残念だったことも思い出してしまいました。



今回は
たまたま発見したブログでしたが、

他にも、
いろんな角度で小島さんの笹かまぼこが載っていました。

一番多いのが、
お土産でいただいて食べた、美味しい!
今度お取り寄せしたい。

こういうのが多い。

宮城県内の、
他の事業者さんのと食べ比べ。
なんていうのもありました。

塩味が特徴・・・、
というコメントもあったりして。

ん、ちゃんと解ってますね

嬉しい限りです。

いろいろ見ていると、
私の予想に反し、
結構人気なのが、

「ひとくち笹」
女性を中心に話題にされていました。
サイズが小さめで、食べやすい、
味もチーズ、サラミ、しそ、ホタテなどあり、
気が付いたら無くなってしまう。

わかります。

私個人的には、
やっぱり、
酒の肴です。

ひとくち笹は、
笹JINJINとならび、
お酒ににいちばん合います。

ビールでも、
日本酒でも、
焼酎、ワイン。なんでも合います。


鯛公望に山ワサビ。
という食べ方で美味しかった。
という書き込みもありました。

なるほど、贅沢・・・、

いいですね。

感化されて、
食べたくなってきました。














塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

宮城、塩竈は今朝も氷点下です。

この寒さは、
まだまだ続きそうです。

2月に入って、
だんだん寒くなってきているようにも感じるくらいです。

そんな中、
仙台では、
梅のつぼみ出来てきているそうです。

確実に春は近づいています。

あと、1~2か月で桜の姿も見れる。
楽しみです。


桜と言えば、

塩竈には、
国の天然記念物となっている、
貴重な桜「塩竈櫻」があります。

所謂、
「八重桜」の一種なのですが、
その姿は豪快とも取れるし、
可憐とも言えます。

自前の写真が無いので載せられませんが、
検索すれば簡単に見ることが出来るので、
一度は目にしていただきたいところです。

この「塩竈櫻」は、
塩竈神社境内にしかありません。

しかも、
31本だけ。

一時期、
高齢木のため枯れてしまいましたが、
塩竈神社の庭師の執念と熟練の技で蘇ったのです。

この31本の塩竈櫻は、
5月の初旬に満開を迎え、
塩竈神社に来れば見ることが出来るのです。


塩竈櫻は、
お菓子にもなっています。

塩竈を代表する老舗菓子店である、
「丹六園」で謹製している、

しほがま

というお菓子。

この「しほがま」の姿も見事です。

私の所見では、
味を楽しむというより、
その起源や作り方を楽しむ、
または、
食べないで飾る感じのもののように思います。


塩竈神社の櫻、
そして、
丹六園の和菓子。

そこだけで、
塩竈の春を満喫できる。
私のお気に入りの場所です。


春は、
塩竈自慢のお寿司も、
一段と美味しい季節と言われます。

小島の笹かまぼこ・・・、
年中買えますが、
塩味きいたその味は、
お花見の日本酒にはベストマッチです。

もうすぐ、春。
春は塩竈の一番良い季節かもしれません。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします

不屈のチャレンジ精神

今日、
2月14日は、
バレンタインデー。

お菓子業界を中心に、
どこもかしこも、
それにちなんだ販促をやっています。

というより、

今日2月14日は、
すでにもう、
「ホワイトデー」のキャンペーンに、
切り替わっていますね。

通例ですね。


笹かまぼこ業界だって、
その波に乗り遅れてはいません。

いくつかの、
笹かまぼこ店では、
しっかりと、
やっています。
「バレンタインフェア」を。


でも、
そこには、
やはり、限界もあり。

ホントウは、
スィーツやチョコレートと、
合体したフレーバー。
そういうベタな事をしたいのですが、

常識的に考えても、
やはりそこには無理があります。

パッケージを工夫したり、
売り方を変えて目を引いたりと、
だいたいその範囲での試行錯誤が、
行われているようです。

カマボコとチョコレート。
やっぱり全く違う「味覚属性」ですから。

何事にもある。
限界ですね。



ところが、
差に非ずです。

不屈の挑戦者はいたのです。

3年ほど過去の話ですが。

小島の専務です。

「やってみねっけわがんねんだど」
(やってみないことには、わからないんだよ)
と専務が言っていたのを記憶しています。

チョコレート味の蒲鉾を、
本当に作ったのです。

ちゃんと真空パッケージ仕立てにして、
さらに、
ハート形をあしらったリボン付きです。

「かまぼこだよって書かないと間違えますよ」
と、
専務に言ったほど、
見た目は綺麗。
チョコレートにさえ見える感じでした。

色は、
ちゃんと「チョコレート色」

肝心のお味。

これも、
ちゃんとチョコレートの味がしました。

素直なお味
というのが適切。

かまぼことチョコレートなんだよ!
としっかりアピールされた味です。
ご想像通りのお味です(想像しなくていいです(笑))

個人的にはですが・・・、
悪くないと思った。

周りの人のはんたい
などなど。
いろいろあって、
実際に売ることはしませんでしたが。


その、
チャレンジ精神と実行力は、
見上げたものだと感心したものでした。

あの、小島の人気商品「笹JINJIN」だって、

専務の思いつきから始まり、
常務や従業員の大ブーイングを余所に、
不屈の挑戦から生まれた商品なのです。


諦めたら終わりなんですね。

何歳になっても、
挑戦心をもつ。

大事なことだと思います。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします

塩竈の丹精こもった逸品

今日は、

今月20日に開催される、
「2013塩竈フード復興見本市」についてです。

小島さんが参加出展するので、
少しだけご案内です。

この見本市は、
毎年行われてきました。

昨年は、
震災の影響でなんとか開催。

震災の影響と、
一言で締めくくれない。
なんとか立ち上がることができた事業者が
出展で来た「2012」。
数少ない事業者が復興の狼煙を上げました。

嬉しいことに、
今年は出展事業者の数が、
震災前近くまで増えたとのことです。

これに、
小島さんも出展します。

丹精こもった逸品ぞろい、

しかも、
みんな塩竈の味を担うツワモノぞろいです。

もちろん、
蒲鉾屋さんは複数出展です。

今回の見本市は、
全国のバイヤーさんへのPRが目的ですが、
一般のかたの来場もフリー。

塩竈自慢の味、勢ぞろいといったところで、
このような場所は意外とないと思います。

年に何回かは、
東京などで、見本市は開催されるが、
括りとしては「宮城」です。

塩釜オンリーは滅多にない!!

2月20日、
グランドパレス塩釜で開催。

小島さんも頑張ります。
小島さんのスタッフにも会えますよ。
(多分専務は来ないと思いますが・・・(残念))

皆さんも是非、
お立ち寄りください。

詳しくはこちら▽
塩竈市商工会議所ホームページにのってます。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします

塩竈の丘陵に建つ世界的建造物

今日の塩竈は朝から雪です。

ここ最近は寒さも半端ではなく、
雪にも、
なんとなく慣れてきたような気がします。

そんな中で、
今日は一段と寒さを感じた。

今日は、
所要があり、

ある、

素敵な、
そして不思議な、
それでいて心落ち着く場所に行ってきました。

宮城・仙台の人たちには、
意外に知られていない、

世界的に有名な美術館。
というより、
その存在自体が、芸術作品。

「菅野美術館」
です。

この菅野美術館は、
塩竈の小高い丘陵地にひっそりと建っています。

そんなに巨大な建物ではないので、
本当にさりげなく、
ひっそりと、
丘の上から塩竈を一望している感じです。

住宅地の真ん中にあることから、
はじめて行く人は、
必ず迷います。(塩竈人は例外です)

阿部仁史先生という、
宮城県出身の、
世界的に有名な、
建築家が、デザイン設計した美術館。

世界各地の、
建築家を志す人たち、
また、
その筋の人たちにとっては、

日本に来たら、
必ず行くところなのだそうです。
(ある教授談)

ロダンやグレコなどの、
年代物の彫刻が展示してあります。

それも、

なんと、

8作品のみ・・・。

文章では表現できないのですが・・・、

なんというか、
外壁は鉄板(錆びた感じがオシャレ)
中は、
真っ白。

敷地の高低差を生かした空間、
そこに、
作品が道標のように並びます。

ん~、
真っ白、
静寂、

窓からは太平洋を一望です。

何時間でも居られる空間だと思いました。


展示物の写真はNGなので、
窓の外を撮ってきました。
雪景色と静けさが何とも心落ち着かせます。
塩竈の美術館


帰り際、
ちょうどお昼が過ぎた頃だったこともあり、

学芸員さんに、
窓の外の景色を指さし、
一言言われた言葉。

「あそこのスーパーのむかえにある回転寿司屋さん、おすすめですよ~(笑)」
塩竈限定のだそうです。ネタは全部塩竈産。
これは絶対美味しいに違いないのですが・・・、

あまりにも、
場所にマッチしない一言に少しウロタエながら、

やっぱり、
塩竈は港町なんだなと思い直しました

皆さんも、
是非一度行ってみては、
塩竈の「カテドラル」でした。










塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします
プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。