スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうしばらく続いてもよかった事

昨夜、
久しぶりに強めの地震がありました。

石巻で震度5弱
仙台、震度3~4

最近、地震が無かったわけでもなく、
油断していたわけでもないのですが、
昨日は久しぶりに緊張。

少し無防備感をかえりみた気がしました。

今当たりまえにできてること、
電源、水、食べ物、そして仕事・・・・。
もっとありますね。

昨日の地震は、
備えと節約という面で、
忘れていた事を思い出すきっかけになりました。



本題です、

以前小島さんにお邪魔したとき、
震災時の不便な生活について、
専務がこんなことを言っていました。


「もうしばらぐ、つづいだほういがったなや」
あの不便な状況がもう少し続いたほうが良かった、
そう言っているのです。

青二才の私には、
少し難易度が高い思考だと思い、強く脳裏に焼き付きました。

2メートルの津波をかぶり、
工場とお店を復活させるまでに、
かなりの困難を乗り越えてきましたが、
「いいけいけんしたなや」(いい経験したよ)
という専務です。

水も出る、欲しいときにはお湯も出る、
電気はもちろん、ガスも使い放題、

お店もやってる、
なんでも買える、

今はあたりまえのことですが、
震災当時はしばらくの間、
全部ダメでした。

配られた水を、
それは大事に使ったし、
電気がないから暗くなったら寝るだけ、
そして早朝、明るくなってきて目を覚ます。

お店なんかやっていないから、
お金は使いません。

ガソリンがないから歩きました。

携帯も使えない。

そのかわり、みんな協力しあいましたね。
物も大事にしました。

専務曰く、
「あんだだじは、はじめてだべ、あいなせいかず」(あなたたちは初めてでしょう、あの生活)
「むがしは、あだりめだったんだど」(昔は、あれがあたりまえだったんだよ)
「いまはべんりすぎんのっしゃ」(今は便利すぎるんだよね)

便利は便利で良いことだし、
使い惜しみする必要もないけれど、
物に感謝したり、人に感謝したり、
壊れたものは直したりする。

そういうオコナイを復活させるのに、
必要な経験だということなのでしょう。

「もうしばらく続いたほうが良かった」

昨日の地震で、ちょっと思い出しました。


さて、最後に、

この前小島さんに行ったときに撮っておいた写真です。
海3


現在の北浜近辺です。
震災前はもっと奥まで陸地でした。
そしてコンクリートの岸壁でした。

イオン側
海2


塩竈の町、
お役所の方々、地域の方、ボランティアさんの頑張りで、
だいぶ復旧が進んでいるように思います。

それでもまだまだ追いつかないんですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。