スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手道場

今日から11月です。

11月1日、
なんでも「最初」が大事と思っている私は、
毎月1日だけは、
誰よりも早く仕事場に入り、

必ずやろう!と決めていることがあります。(徹底できてませんが

それは、

カレンダーめくり

10月よ、さよなら~という想いをこめて、

びりびりビリっと・・・・、快感なのはもちろん、
最初の扉は俺が開く、じゃないですが、
誰にも譲れない「儀式」となっています。

今朝も、頑張って早く来て、
びりびりっと5枚くらいめくりました

やっぱり、新鮮、気合入ります。

今月もいろいろがんばろう!
(と、ココロのなかで叫びました)



さて、本題です。

今朝、気合が入ったとき、
思い出したことがあります。

一昔前の話として、
専務に聞いた「空手道場」のお話。

小島さんでは、以前、
二階のスペースを空手道場にしていたそうです。

というより、
親しい師範に貸していた時期があったそうです。
今も畳敷きの広い場所が残っていて、
それが名残です。

師範の方とも深い親交があったでしょうから、
きっと「なんぼでも、使わいん」
と軽いノリで気持ち良く提供したのでしょう。

単に、場所が空いていたから貸していたのではなく、
専務自身もやりたかったし、
なにより、
「武道の心」が大好きでだったからです。

心・技・体の精神を大事にする専務です。
納得できます。

地域の子供たち、
そして自分の息子さんまで精進させたそうです。

空手を通して、
礼儀や挨拶を子供たちに身につけさせたい、
そういう想いが強かったそうです。

空手の稽古だけでなく、
「禊」(みそぎ)参加も欠かさなかったそうです。
これは、稽古よりキツイ!、強烈ですよ

このお話を聞いたとき、
「今の自分に欠けているなぁ」という気持ちになりました。
それは、
堅苦しく表現すれば「自己規制」、
簡単に言えば「ストイック」なところ。

なにか、目的を持って、
自分からやる、自分だけの行動。
そして根気強く継続したりすること。

そういうのは自分にないな・・・、
と思ったのです。

空手の稽古や禊に比べれば、
それこそ「朝飯まえ」のことですが、

毎月のカレンダーめくり、
このお話がキッカケなんです。
継続していこうと思います。
継続は力なり、です。


ところで、

蒲鉾屋さん、工場、そしてその二階からは、
空手稽古の元気な声、
それが夕方だったりしたら・・・。

かなり、昭和な、いい感じですよね。

社とさかなの町塩竈、
そこにある塩竈の笹蒲屋さん、
当時を想像してしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。