スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリ地震津波

今日は最近じゃなく、少し前の話を記します。

平成11年の3月10日、

そうです、東日本大震災の前日。
この日も、通販サイトのお打合せで小島さんにお邪魔してました。

前日の9日、大きめの地震があり、
その話題から、約半世紀前に起きたチリ地震津波の話を
お聞きしてました。

その時のお話です。

と、その前に、

自分が思ったこととして、
そのまま書いてブログアップして・・・。
決して軽く考えてはいないけれど・・・、
被災された多くの方々を前にしての不謹慎をお許しください。


私は、チリ地震津波で塩竈も大きな被害を受けたとは知りませんでした。

当時小島さんは北浜という地区にあったそうで、
この北浜地区は、今回の津波震災でも、
被害が特に大きかったところだと聞きます。

当時もやはり、お住まいと工場は全壊したそうです。

専務から、
そこからの奮起、そして想像を絶するほど険しい道のりを
お聞きしました。
現在の小島さんの姿からは想像もできず、ただ感心しました。

それでもなおかつ、
津波の猛威、そして「どういうもの」なのかを想像できず。
の状態でした。

そしてその夜、
私は、ホームページのコンテンツ記事に、と
そのお話をアップする準備をしていたのです。

翌日、3月11日

あの東日本大震災、小島さんは再び被害に遭われました。
しかも、
半世紀前より甚大でした。

「塩竈もマリンゲートから、北浜、藤倉あたりまで甚大らしい」
という話を翌日耳にして、
まずは、行ってみようと思い立ち出発。

45号線(中野栄あたり)に出たところで、
事の重大さを初めて知ることになりました。
勿論、
押しつぶされた車や、漂流物が道を覆い、
道路なんかありませんでした。

小島さんに行けたのはその1週間後。

2メートル近くも津波をかぶり、
お店、機械などすべて海水、というかヘドロに浸かってしまいました。

上司から「スーツなんか着ていくなよ」
「ジャージに長靴、軍手で行け」
と気配り十分のアドバイスを受けたのも忘れられません。

何か力になりたい、
思い考えるだけで、結局なにもしてあげられず。

そして現在、小島さんは2度の難局を乗り越え、
再起されました。

販売サイト:
塩竈の笹蒲屋は、そんな私たちが「何かしてあげたい」
という想いから、ささやかながらお作り差し上げたホームページです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。