スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おちょこ」に水

11月も終わりが近い今日、

とうとう仙台にも初雪が舞いました。

本当に寒いです。
冬の寒さですね。

寒くなると、
思い出すのが、
「禊」(みそぎ)

前にも書いたが、
塩竈神社の禊です。

身を浄める一週間、
人生観が変わる、

そして、

こんな自分がいやだ!
変わりたい!

そんな「あなた」がやったほうが良い、
(いや、私ですね(笑))
禊です。

毎年、専務たちに強烈に進められています。

「やったほういいどぅ」(やったほうがいいよ)
「やんねえやずはこんじょなすだ」(やらないやつは根性無しだ)

「根性無し」

その言葉に、強く心を突き動かされる私なのです。

今年こそ、

どうする?やるの?本当に?
(自分への問いかけ)

ん~、根性認められたい。


まあ、多分、
こんな感じでは・・・・。
今年も無理なような。




さて、
今日も、
小島さんの風物詩を一つご紹介します。

それは、
「おちょこ」です。

私がはじめて小島さんにお邪魔した時から、
必ず、毎日、
テーブルの真ん中に、
それはあります。

小島の会議室兼、
休憩室兼、
お茶っこ飲み部屋のテーブルです。

以前は、
畳部屋に掘りごたつ&座布団、
今は、
フローリングに会議用テーブル。

お部屋はリフォームされましたが、
そのおちょこは、
ずっとモデルチェンジなしです。

必ず、
テーブルの真ん中にあります。

お付き合いし始めて、
約1年間くらい、
私は、
それが何なのかわかりませんでした。

乾燥させないためかな?

中身は、もしかして清酒?

などと、
勝手に解釈していました。

ある日、専務に聞いて、
中身が「水」であることがわかりました。

それ以上は聞きませんでしたが、
そのときやっと何かがわかり、
うとい、無関心な自分が恥ずかしくなりました。

そのテーブルの真正面に壁、
そして上のほうに、

今は亡き、
専務たちのお母さんのお写真が飾られているのです。
お母さんのための「お水」だったのです。

ずうっと気が付きませんでした。

お仏壇は、
2階の部屋にしっかりあります。

大切な心意気、
人間、忘れてはいけない姿勢、
みたいなものを、
そのときまた学んだ感じでした。

そして、
一日に3~4回、
水の交換をします。

親を敬う、
目上の人を敬う、
故人ならなおさら、
ずっと一緒にいて、見ているはず。


ところで、
私だけではなく、
大概の人は、
小島さんの人たちと接すると、
気分良いはず。
それは、
誰にでも、礼儀よく、
その人を立てた会話、姿勢を貫くからだと思う。

自分もこうありたい。
そう見られたい。
当然こう思う。


この「おちょこ」、

小さい事なので、
見逃してしまいがち、
何気ない風景の一部になりがちですが、
心意気は細部にわたるものなのだと思いました。

人に、立派な人と見られたり、
礼儀正しいと思われたい。

根性ある奴とも思われたい。
これはだれでも思う事。


やっぱり、
にじみ出るもの、
生活そのもに表れてしまうものなんですね。


禊、

こいつ根性あるな、
こう言われたい。


見られたい、言われたい、
所詮、そんな評価が欲しいうちは、
禊を出来ないのでしょう。私は(笑)

カッコだけではだめなんですね。








塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。