スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外だった動機

このブログをはじめてひと月半になる。

書きたいことは沢山あるのだが、
まだブログ慣れていないことで、

文章にする、

記事にするのが、

難しい~~!

そういう壁にぶつかりながら、
今日も書いています。

頑張って書きます。
続けていきます。

誰も見てくれなくても(;;)




今日、
ネタ探しをしていて、
考えてみたことがあります。

小島さんから最初にいただいたお仕事。

なんだっけ?
こういう事は、意外と頭から外れているのです。

そうだった、
ホームページだった。
小島蒲鉾店のオフィシャルなホームページです。

大変、大変失礼な表現ですが・・・・、
あの専務からは、
ウェブサイトを立ち上げる事などは縁遠い感じがする。

私が初めて訪問した時は、
まだ、小島さんにホームページはありませんでした。


そうです、
思い出しました。

小島さんでホームページを作る事になった動機は、
私との出会いではなく(最初はそう思っていました)

ある人の一言だったのです。
ちなみにこれを知ったのはだいぶ後の事です。


それは、

林家木久扇先生
この方だったのです。

あるとき、
多分、塩竈か多賀城で寄席をやった時だと思います(専務談)
縁あって、
小島の笹かまぼこを気に入っていただいたそうです。

そのときに、
専務が言われた一言が、
「こじまさん、ホームページあったほうイイよ」

インターネットは便利で、
これからは、そこからも注文が来る時代だよ。

という趣旨のことを言われたらしい。

コジマ→おじま なんですが・・・・。
でも、初めての人はコジマって読みますよね。


その後日、
タイミングよく、
私が出没したという訳です。

それ以来、
木久扇先生とは、
親交があるようです。

そして、

木久扇先生は、画伯としても著名な方。

実際、
小島の包装紙に、
木久扇先生のイラストを使用していた時期もありました。


あの、
恩義深い、人を大切にする小島の人たちです、

私はたびたび、
木久扇先生の逸話や、お人柄を聞かせてもらってきました。

それにしても、

あれだけのお方が、
自分の作品を、包装に使わせる事っていうのは、
すごいことだし、
信頼関係があってこその事。

あるようで、
なかなか無い事だとおもいませんか?



少し、昔のお話でした。




昔の、
しかも小島の笹かまぼこが、
キチジ100パーセントのころの、
笹かまぼこを作っている写真をご紹介します。



まずは、これです。
きちじ
モノクロ写真なので色はわかりませんが
真っ赤かのキチジです。
こうやって手作業でやっていたのですね。


そして、
加工
すり身を笹の型に詰めています。真心感じます。


焼の準備完了です。
焼き準備
指の形が残っていて、いかにも「笹かま」です。

多分、今はこのような作業風景は見ることが出来ない。
少し、残念ですね。



焼いているところです。
焼き
機械などは新しくなりましたが、
ここは今もスタイル的に変わっていないようです。


この写真は、
小島蒲鉾店ホームページ
「小島蒲鉾店の今昔」というコーナーでも
使われております。
そちらも是非見てもらえればうれしいです。


また、
古い写真を入手したら載せていきます。








塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。