スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってはいたけど・・・

この時期の、
塩竈の旬をいろいろ調べてみた。

いろいろといっても、
ネットで調べただけですが、

塩竈神社での冬の祭事が目白押し。

でもやはり、
これに行きつく。

新鮮な鮮魚です。

その中でも、マグロはこの季節のみならず、
季節ごとに種類も豊富です。

それも当然、塩竈はマグロの町でもあります。

そして、
この時期の、
塩竈の海産物の王様は、
「三陸塩竈ひがしもの」と言っていいでしょう。

まだ食したことがありませんが、
塩竈が全国に誇るマグロです。

調べてみてわかったことは、
私が知っているのはこの程度の知識だということ。

わかってはいたけど・・・。



ここまで厳選されていたのに驚きました。

ご存知のかたは沢山いると思いますが、

驚いたので、
今日わかったことを書きます。

三陸塩竈ひがしものは、
選び抜かれた季節限定のマグロである、
「メバチマグロ」のことです。

しかも、

三陸東沖で、

延縄船によって漁獲され、

塩竈魚市場に水揚げされ、

塩竈の日本一の目利き人が、

鮮度、色艶、脂ののり、うまみを厳選し、

その目にかなった、

選び抜かれた、

メバチマグロなのです。
     ↓
これを「三陸塩竈ひがしもの」として、
売り出しているのです。

三陸東沖・・・、
なんとなく取ってつけたような感じがするが、
ちゃんと理由がありました。

黒潮と親潮がぶつかり合う地点が、
三陸東沖付近なのでそうです。

そこで荒波に揉まれるマグロは、
色艶といい、脂ののりといい、
最高のマグロになる。

そして、
売るお店にもハードルがある。

塩竈の目利きが確信をもって、
取扱い認定業者を選んでいるのです。

そのほとんどは、
塩竈仲卸市場にある鮮魚店です。

塩竈で買うことが、
保証書みたいなものになっているのです。


ひがしもの、ひがしもの、
と、
知ったかぶりをして、
口に出していたが、
あらためて、そのブランド力を勉強しました。


この、
三陸塩竈ひがしものをブランド化したのは、
近年の事です。

でも、
塩竈は昔から、
「東洋一の魚市場」と言われてきました。

これは私の憶測ですが、
おそらく塩竈の人たちは、
そして、
小島の人たちは、

このひがしものクラスのマグロは、
普通に口にしていたと思う。
多分絶対そうです。

小島さんの人たち、
とくに専務などは、
「あ~、美味しい極上のマグロ、食べたい」
などとは言わないような気がする。
イメージできない。

塩竈人、すごい!



やっぱり、
美味しいマグロ、
美味しい笹かまぼこを食べたかったら、
塩竈に足を運んだほうが良いという事になります。

現地価格というものもあるので、
価格も思ったより高くないようです。

この時期の、
仲卸市場は見逃せませんね。

そのすぐ近くには、
小島蒲鉾店もあるし。










塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。