スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港町塩竈、そして塩竈の遊郭

塩竈の街並み、

古い建物、家屋が結構多く残っている。

丹六園さんのような、
老舗として現在まで君臨しているお店もいくつかありますが、

普通の飲食店や、
おそらく人が住んでいないような、
建物も結構あります。

本町や、

尾島町あたりに、
多い。

塩竈だから、
ということで、
深くは考えなかったが、

今日は、
少し調べてみることにした。

いつもの、
ネット頼みの調べものなので、
深いところまで探れていませんが、

私にとっては、
意外で、
新鮮だったので(語弊あるかも・・・、)
簡単に書きます。


ご存じのとおり、

塩竈は、「港町」です。

港町 に何かありそうなので調べてみたら、

藩政時代のお話だそうだが、
多くの遊郭があったそうです。

本町、尾島町あたりに集中していたそうです。

その理由は、
単に港町だから、
というだけではなく、

国府多賀城の門前に構える塩竈を、
衰退させないためだったそうです。

税金も免除。

遊郭は、しっかりとした幕府の統治があったようで、
当時、仙台小田原のほか、石巻、塩竈は認められていたそうです。

その後、明治に入り、
税金は復活したそうですが、

遊郭はまだ残っていたようです。


そして、
建物は、

遊郭から飲食店などに変わり、
(お酒を出すところが多い)
現在に至っているよう。

今の塩竈に、
その名残が、
ところどころに残っているのです。

確かにあります、

どう見ても、
最初から焼き鳥屋ではないよな?

遊郭っぽいレトロな建物。


いろいろ調べていたら、

関連して、
芋づる方式に、興味をそそるキーワードが、
他にも出てきた。

塩竈甚句・・・・、

塩竈が、東北地方で最初に空襲を受けた・・・・?


などなど、


今日のお話は、
ちょっと突っ込んだところまで、
調べていないので、

この辺にしておきます。

これらについては、
しっかり調べると決めました。


そのときまた、
詳しく書こうと思います。


そういえば、
前に書いた、
「ドブ屋さん」の話、

これも何か関係しているはずです。


・・・、専務の若いころ、
悪い事ばかりしてたのは・・・??
(それは関係ない)



港町・塩竈のルーツ?!
と言って良いのかわからないが、


少し時間をかけて、
調べてみよう。









塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。