スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹槍にB-29

前回、
塩竈の昔について調べてみたら、

興味深い話や、単語が結構出てきて、
もうちょっと深く調べてみたいと書きました。


それはそれで、
調べたことを、
正しい情報として、ちゃんと書いていくつもりですが、


またもや、
前に専務から聞いた話、
思い出したことがあった。


なんで、
小島さんが蒲鉾屋さんを始めたか?
です。

その答えは、
がっかりするほどシンプルだった。


塩竈は古くからの港町だから、
鮮魚が簡単に手に入る、

これは、
塩竈に蒲鉾屋さんが多い理由にも直結していると思う。

蒲鉾屋を始めるのに、
適した土地だったから・・・、
という事を、
専務に言われたことがあります。

言い方は、
シンプルだったけど、
屋台骨を形成するまでには、
もちろん、ご苦労もあったし、
協力者あり、
何よりも、
小島先代の人望などもあったことは間違いありません。


商いを始めるまでよりも、
それを続ける、
そして、
蒲鉾店としての暖簾を定着させるまでが、
すごく大変だった。
という事を教えてもらいました。

創業当初は、
細々と作った「笹かまぼこ」。
はじめから買ってくれる人などいません。
当然ですよね。

まして、
当時は今よりも蒲鉾店の数は多かった。
それぞれに、
馴染みの客が付いています。

初めは、
リヤカーに積んで、
界隈に配って歩いたそうです。
我慢、我慢の年月があったそうです。

今で言う「告知宣伝」ですね。

そして、
味を認めてもらい。
お客さんを作る。

ここに時間をかけたそうです。

そのあとに、
ようやく、
売り歩いたそうです。

その歩みが今に続いている、
という事になるのです。

その、
創業当時の「心意気」は、
今も、
専務たちが、
しっかり継承しています。
そして、
未来にも繋いでいこうとしているのですね。


買いに来たお客さんに、

必ずお出しする「お茶と笹かま」

大切なお客さんには、
必ず、
笹かまぼこを包んで持たせて帰す。

など、
これらのオコナイは、
継承そのもと私は解釈しています。


ところで、

その、
リヤカーで売り歩いた時代、

専務は、
少年時代・・・、
だったそうです。
それはもう、
やんちゃ坊主だったと、
本人が言ってました。

それより、
少しまえの頃、
戦中の話も思い出しました。

塩竈は、
東北の都市で、
最初に空襲を受けた場所だそうです。

調べてみたら、
昭和19年12月とありました。

仙台空襲が、
昭和20年の7月だから、
やっぱりそうなのです。

専務の話では、

空襲だけではなく、
ひっきりなしに、
海上からの艦砲射撃や、
艦載機(戦闘機)の機銃掃射を受けていたようです。

遠くから、
大砲の弾丸が飛んで来たり、
低空飛行からの機銃掃射を、

面白がって、
遊びの感覚もあったとのこと。

当時の事、戦中の事、
他にも沢山聞かせてもらったが、
ここまでにしておきます。


竹槍にB-29という言葉。


現代ではよく、
時代遅れや、
力の差が大きすぎることなどを
揶揄して使われていますが、

専務から、
当時の話をいろいろ聞くと、
そんな軽率な言い方は出来ないと思いました。


自分たちの国が、
愛する故郷が壊されていく、
そんな状況にあったら、

竹槍でも、石ころでも、
なんでも投げつけたくなる。

幼い少年であれば、
なおのことだと思います。

その時代の背景として、

歴史の教科書的な理解も大切だが、

その時を生きた人からの、
ナマのお話って大切だなと改めて思いました。

なぜなら、

一般的な解釈と、
そして、
自分独自の解釈。

どちらも大切なのだが、
物事の大切さを伝えるためには、
後者のほうが重要だと思うからです。

小島さんの事を、
勝手気ままに(ホントは違う)
書かせてもらっているが、

専務から、
話を聞いて、
ブログに書く。

ナマの話を聞かせてもらっている、
自分だから、
書けているのだと思います。

これからも、
専務の話、

大切に聞かせてもらおうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。