スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう事って大切だと思う

親父の権威が薄れてきている。
親子関係が友達化している。

このように言われ始めているのは、
ここ最近ではなく、
もう結構久しい事だと思います。

個人的には、

そのような、
友達のような側面も、
今の時代は必要な時もあるなと感じたりしています。

でもやはり、
家庭でも職場でも、
あるいは、
学校でも、

言葉は堅苦しいが、
「権威」は必要なのだと思います。


このような話は、
専務も、
良く言っていることです。


なぜこんなことを書くかというと、

専務の話で、
こういう事って大切だな。
と思ったことを思い出したからです。

こういう事、
大切だから、
自分もいつか、
やってみよう。
こうあらなくてはいけない。

そう思ってるが、
そのタイミングがなかなか訪れないのです。


少し昔のことですが、

専務の娘さんも、
小島蒲鉾店で働いていた時期があったそうです。

娘さんは、
管理職でもなんでもないのに、
常に、
叱られ専門だったそうです。

あるときも、
確か、
詳細が定かではないが・・・、

原料の取り違えか何かで、
大きなミスをしてしまったらしい。

だれも気が付かないまま、
製造ラインが流れてしまった。

と、
こういう話があったそうです。

もちろん、
その取り違えを、
専務の娘さんが犯してしまった訳ではなく。

専務が、
激怒した理由は、
その「間違い」自体にではなく、
工場のみんなが、
他人事だったことでした。

そうなると、
矛先はずべて、
娘さんに向けられ、
みんなの前で、それはもう、
強烈な叱り方をしたそうです。

こういうのが、
ショッチュウあったそうです。

叱ったその夜は、
家に帰ると、

専務は、
言い訳をしないで、
陳謝したわが娘を、
褒め称えるそうです。

あの時・・・、
偉いぞ!

という具合です。

人を育てるという視点になったとき、
人により、
そのやり方は様々だと思いますが、

これは、
育てるための叱り方なのだと思いました。

褒めるために、
叱ると言っても良いかもしれない。

すごく、
ストレートで、
しかも「ぶれない」。

そして、
確実に、
人間性に訴える手法。

そんな風に、
思えて、
こういう事って大切だなと思ったのです。


やっぱり、
自分にとって、
一目置く人や、
権威のある人に褒められれば、
そのインパクトは強烈だと思う。


残念ながら、
私は、
まだまだこういう効果的な、
叱り方、
育て方を実践できていないのですが。

今日は、
少し、
キレイごとじみたお話になってしまいましたが、


やはり、
こういう事って大事だと思う。


せめて、
「この人に褒められると嬉しい」
そう言われる人になりたいもの。

親父、
上司、
経営者、
先生、

などなど、
みんな同じだと思います。

時代的に、
古いわけでもなんでもなく。
いつでも必要な心得。

こういう事が「権威」
なのかなと思ったりしました。













塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。