スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな憧れ

少し、
押しつけがましくなりますが、

今日は、
私の「お仕事」の話から始めます。

私の会社は、
印刷やホームページなどを作る会社。
もちろん、

プロフェッショナルとして、
印刷するし、
印刷物のデザインもする。

ホームページも同様です。


一方、
小島さんは、

蒲鉾を作るプロフェッショナル。

どちらも、
業界は違えど、
プロ根性は同じように必要だし、
それに向き合う姿勢みたいなものは、
同じだと思います。

隣の畑。。。ではないが、

小島さんを見ていると、

そして、

話を聞いていると、

職人魂を強く感じて、
羨ましくなる時がある。

原料の煉り加減や、
焼数に対しての原料数、
さらには、
塩味やみりんなどの調味の感覚など。

研ぎ澄まされたものがある。


菓子職人だった、
私の父も同じで、
一個のお菓子の原料数を、
手感覚だけでドンぴしゃ。
という、
職人芸を持っている。

憧れます。


でも、
私たちだって同じことなのです。

印刷と一括りで言っているが、
紙の質と湿度の関係、
インク(顔料)の微妙な色具合、

ホームページだって、
日々新しいテクノロジーが生まれている。

もっともっと、
自身と誇りが持てるよう、
極めなくては。
自分も職人なのだ。


職人魂が好きな私は、

そんなことを、
いつも考えるのです。

人が見ていて、
羨ましい、凄い。
と思ってもらえる、、、。小島さんのように。

そういう「仕事っぷり」していれば、
魅力ある「お仕事」になるのでしょう。

そう考えると、
やる気が湧いてくる私でした。

今日は、
ささやかな憧れを抱く、
「職人魂」についてでした。


ところで、
話は変わりますが、

今日は、
新しい発見がありました。

私が知らなかっただけですが、

仕事上、
ちょっと調べものをしていてのこと。

「塩竈の仲卸市場」
のことです。

今まで、
知らなかったのが残念だったのは、

マイ海鮮丼が食べれる、
食堂があったこと。

各お店で、
新鮮な、
トロマグロや中落ち、
ウニやホタテなどなど、

好きなものを買って、

それを食堂に持ち込み、
自分で海鮮丼作って食べられるんですね!?

今まで知らなかったことは、
恥ずかしい事ですね。
何度も足を運んでいる仲卸市場だったのに、
気が付きませんでした。

早速今度行ってみようと思います。












塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。