スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社の町

今年も、
残すところあと4日あまりとなってしまいました。

いや、
あと4日はある。

小島さんでは、
年の瀬のラストスパート、
真っ最中といったところです。

お店に来られるお客様、
ネットでご注文のお客様、

ともに、
途切れなくご用命いただいているようです。

ありがとうございます。


さて、
年の瀬とは言っても、

塩竈神社のある町「塩竈」は、
お正月まで、
その賑わい、活気が続きます。

違う言い方をすれば、
大晦日からが一番の活気が見られる街。

それが塩竈です。

ご存知の通り、

塩竈神社には、
全国の皆様が集まります。

そうなると、
下町の商店街にも人があふれるのです。

大晦日の塩竈は、
本当に人出が凄い。

仙台市民である私は、
やはり、
その人の多さに怖気づいてしまい、
つい、
足が遠のくほど。

前にも書きましたが、
塩竈には自慢できるものがたくさんあります。

お寿司。

笹かまぼこ。

お酒。

塩竈神社、
そして、
風情のある町(商店街)

これらを、
一番よく堪能できるのがこの、
年の瀬からお正月の期間だと思います。


一つ、
残念なのは、

震災の影響で、
商店街が歯抜けの状態になっていること。

並々ならぬご苦労の末に、
再起を果たされたお店も沢山ある一方、
まだ、立ち上がるところまで行けていない、
魅力あるお店も、
数多くあるのです。

それでも、

震災前には無く、
今、
輝きを見せている場所もあります。

それは、

塩竈仮説商店街
です。

観光桟橋のところにある、
そのスポットは、
年の瀬に関係なく、
オープン以来ずっと、
活気を醸し出し凄く良い雰囲気です。

鮮魚店から菓子店まで揃い、
なんでも買えます。

塩竈の「元気」を、
体感できる場所でもあります。

まだ、
行ったことのない方は、
一度、足をお運びください。

お店の、
お父ちゃん、お母ちゃんたちに、
きっと元気を分けてもらえるはずですよ。


年末に入り、
ますます活気に満ちる塩竈ですが、

小島さんでも、
ここからの約1週間が最も活気のある時期。
いよいよ!
といった感じです。

私も、
このお正月、
「魚と社の町」塩竈に行ってみようと思います。

社のほうを中心に町めぐり。

塩竈神社でお参りしてきます。

でも・・・、
混雑も予想。

意を決して行ってみようと思います。









塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。