スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり神聖な場所なんだ

先日の休日、
少し時間があったので、

人の混雑を避けた時間を選び(夕刻)、
塩竈をぶらぶらしてみました。

人が少ない夕方だったので当然だが、
凄く静か。
落ち着いた雰囲気の塩竈を見たくて来たので、
満足というか、
少し、
贅沢な気持ちになれました。

45号線、塩竈の入り口、
マリンゲート付近も、
普段の活気は無く、
なぜか平日よりも休日のほうがオフタイムの雰囲気。


塩竈仮説商店街
塩竈仮説商店街


考えてみると・・・、

小島さんにお邪魔するのは、
いつも平日。
休日、
しかも夕方の塩竈は、
ほとんど訪れたことが無かったのです。

新鮮な気持ちになりました。


そして、
塩竈神社へ。


まずは、
志波彦神社の鳥居
志波彦神社鳥居


そして、
塩竈神社
塩竈神社鳥居


ついこの前までは、
初詣で大混雑していたのが信じられません。

本当に誰もいない。

神聖な感じがして、
得した気持ちになりました。


お馴染みの正門です。
塩竈神社正門

最高のアングル
いいですね。


この日はすでに閉館(残念)
塩竈神社博物館。
塩竈の水産の歴史にまつわる展示もあり、
個人的に好きです。
塩竈神社博物館
カメヤマローソクのベンチ、
昔のまんまです。
これも「お気に入り」。



最後に、
「鋳銭釜」
鋳銭釜

説明看板によれば・・・、

この鋳銭釜は、
1727年(享保13年)から明治維新あたりまで、
石巻で使われていたもの。

簡単に言いますと、
仙台藩の鋳銭事業により、
お金を作っていたのです。

この筒状の釜の中で、
純度100%の銅を溶かしていたそうです。

何段かのせいろ式になっていて、
結構複雑な作りでした。



お巫女さんが数名いただけ・・・、
人の少ない塩竈神社、
はじめての体験でとても新鮮な時間でした。

残念だったのは、
博物館と名物の茶店が閉まっていたこと。

つぎは、
活気のある時間帯に行ってみようと思います。










塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
お情けでもいいので、1拍手お願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。