スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小島の笹かまぼこが出来るまで

久しぶりの更新となってしまいました。

決してサボっていたわけではなく・・・、
このブログの今後?
みたいなことを考えていたら、

ヤバい!!
もう何日も更新していない。
という顛末でした

今日から、
また、
いろいろと書き綴っていきたいと思います。


さて、
今日は、

「小島の笹かまぼこ」が出来るまで、
ということで、
昨日撮影してきた、
「焼の」写真などをご紹介します。

実は、
私は今まで、
笹かまぼこを焼いているところを、
ナマで見たことが無かったのです。

というのは、
笹かまぼこの焼きの時間帯は、
非常に朝早いのです。

それはそうです。
毎日、何万枚を焼き上げ、
その後に、
真空パックにしたり、
包装したりするわけですから。

昨日は、
頑張ってその時間帯にお邪魔してきたのです。


では早速。

まずは、
原料となるすり身です。

練り石臼
自慢の石臼です。

そして、
焼の準備に入ります。
ちょうど、
人気商品「ひとくち笹」を作っているところです。
なので、
サイズが小さめだというのがわかりますね。

笹かまぼこが出来るまで1

側面にある少しオレンジ色の火が見えるところ、
この中で焼かれます。

そして、
笹かまぼこが出来るまで2

職人さんの手で、
見事な形、そして均等な大きさ
にされたすり身が、
どんどん流れてきます。

この焼き室、
凄い高温でした。


焼き上がりです。

笹かまぼこが出来るまで3

良い色ですね。
香りもたちこめます。


焼き立てを、
冷却しながら、
出来上がりです。

焼きたてホカホカ笹かまぼこ

何秒か前に焼いたばかりの出来立て。
「ほとくち笹プレーンタイプ」
の出来上がりです。

真空包装完了!

ひとくち笹


そして、
揚げたての「揚げかま」です。
これも美味なんです。

揚げかまぼこ出来たて


焼くときの串が金属になったり、
機械が新しくなった意外は、

小島さんでは創業以来その製造方法は変わっていません。

笹かまの形や塩見加減などは、
やはり腕利きの職人さんの手で丹精込めて行われているのです。


定期的に、
地元の小学校が行う職場見学もやっています。


写真だけでは伝えきれない、
本当に何とも言えない良い香りがしました。

焼き立ての香りは何とも言えませんでした。

小島さんのECサイトのほうに、
一連の動画を掲載しています。
こちらもご覧ください。


以上、
今日は「笹かまぼこ」が出来るまででした。











塩竈の事、笹かまぼこのこと、多くの人に知ってほしいので、
皆さんの1拍手お願いいたします

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

社とさかな大好き

Author:社とさかな大好き
社と魚の町塩竈の話、笹蒲鉾やお寿司の話を中心に日常の発見などを記していきます。

リンク
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ホームページ制作・スマホサイト制作なら
「ホームページおまかせ.com」
ホームページ制作・スマホサイト制作なら「ホームページおまかせ.com」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。